feature_vol33_souvenir3_head

「セワポロロ」は大・小・特小・ミニの4タイプ(400円〜2000円)。クルミ、シナ、エンジュ、イチイなどすべて道産材を使用。首に巻く毛皮は、昔はアザラシやミンクだったが、今はフェイクファー。朔峰さんが作った木偶もまだ残っている(※2016年9月末現在)

[カイおすすめの北海道土産] 旅する精霊「セワポロロ」

網走で生まれた、北方民族へのオマージュ

網走のまちで、かわいらしいお土産に出会った。「セワポロロ」という名の、ちょっと不思議な木の人形(木偶)。網走で50年以上、木彫のお土産品を作り続ける民芸店で生み出された、魅力的な北の精霊たちである。
柴田美幸-text 伊田行孝-photo

その木偶は、不思議な姿をしている。頭にツノのようなものが生え、削りかけ(木をそいだもの)を首から下げ、毛皮らしきものを巻いている。表情は愛嬌があってかわいらしい。これは「セワポロロ」という名だ。もうひとつ、削りかけの上部に顔だけついたものもある。こちらは「セワ」といい、削りかけが広がった姿が特徴的だ。どちらもなんともいえない魅力があって、見ていると幸せな気持ちになる。本や雑誌で取り上げられるなどし、おもに道外から、この木偶を目当てに店を訪れる人は多い。

セワポロロ

「セワ」(600円)は、もともと「オロチョンの火祭り」のときに持って踊るものだったが、好評のため商品化。削りかけを作ったあと、棒の部分を切り落とせば完成

制作は大広民芸店(網走市)の大広朔洋(さくよう)さん。父親の朔峰(さくほう)さんとの共同制作だったが、今年5月に朔峰さんが亡くなり、現在は一人で作っている。工程は少しだけ変わったが、見た目は2人で作っていたころとほとんど変わらない。表情を決める顔の部分は、ずっと朔洋さんが担当していたせいもあるだろう。

朔洋さんが受け継いだ、父・朔峰さんの刃物類。模様の彫刻や、削りかけをつくるときなどに使う

朔洋さんが受け継いだ、父・朔峰さんの刃物類。模様の彫刻や、削りかけをつくるときなどに使う

ところで、この木偶はいったいなんだろうか。聞くと、こんないきさつがあった。
父の朔峰さんが民芸店を開いたのは、北海道観光ブームが到来していた昭和39(1964)年のことだ。木彫のお土産品を作っていた朔峰さんに、ある提案があった。それは、北方民族のウイルタの木偶をお手本に、網走らしいお土産品を作ってみないか、というものだった。提案したのは、市井の考古研究者として、オホーツク文化のモヨロ貝塚を発見したことで有名な米村喜男衛氏である。

網走には戦後、樺太(サハリン)から引き揚げてきた人々が移り住み、なかにはウイルタやニブフなどサハリン先住民族の人々もいた。よく知られているところでは、のちに北方少数民族資料館「ジャッカ・ドフニ」(現在は閉館)を設立した、ウイルタのダーヒェンニェニ・ゲンダーヌ氏がいる。ゲンダーヌ氏の養父であるゴルゴロ氏も移住しており、ゴルゴロ氏はおもに祭祀用の、神や精霊など精神世界を表した、伝統的なウイルタの木偶を作っていた。だが、今後木偶の作り手が途絶えることを惜しんだ米村氏が、親しかった朔峰さんの腕を見込んで声をかけたということらしい。

「父は、ウイルタについて調べた上で、セワポロロという名称と全体のデザインを考えました。父なりの思いがあって、本来のウイルタの木偶を、お土産品としてアレンジしたのだと思います」。生前の朔峰さんは、市の観光協会が主催する「オロチョンの火祭り」という、オホーツク文化やウイルタなどの北方民族をテーマにした夏の祭りでシャーマン役を務め、木偶づくり以外でも北の人々に心を寄せていた。もし、たんに目先の変わった観光資源とだけとらえていたとしたら、こんなに魅力的なものが作れただろうか。セワポロロのつぶらな丸い目を見ていると、そう思わずにいられない。

大広民芸店の大広朔洋(本名・法昭)さん。美術を学んだ経験を生かし、絵画教室も開いている

大広民芸店の大広朔洋(本名・法昭)さん。美術を学んだ経験を生かし、絵画教室も開いている


ウイルタの木偶をお手本として生み出されてから、まったく別の道を歩き、現在にたどり着いた木偶の精霊たち。彼らはお土産として人から人の手へ渡され、見知らぬ地にたたずむことになった。まるで、旅をするかのようだ。今は亡き人の手を離れ、いつも旅先を在るべき場所として、今日もどこかを旅しているのだろう。

大広民芸店

店を始めたころから作り続けている「流氷小僧」(1000円〜)は、大広民芸店の原点ともいえる

●大広民芸店

網走市新町2丁目3-11
TEL&FAX:0152-44-5583
営業時間 8:00~18:00(10~3月は17:00まで)
WEBサイト

●FAbULOUS(ファビュラス) *札幌市内での取扱店 

札幌市中央区南1条東2丁目3-1 NKCビル1F
TEL:011-271-0310
営業時間:12:00~20:00(ファッション&インテリア)
WEBサイト

この記事をシェアする
感想をメールする
ENGLISH