KAI 2018年夏号 公開中!

新着記事

特集

飛騨屋と阿部屋から見る蝦夷の森

檜山管内の江差からはじめた蝦夷地の林業をめぐる旅だが、2回目は石狩に飛んでみよう。18世紀半ばの石狩川河口には、大きな木場があったという。その痕跡をさがしに歩いてみた。

2018/09/19

特集

ヒノキアスナロから檜山が見える

江差町が位置する「檜山(ひやま)」という広域地名は、古来ヒノキアスナロを伐採してきた一帯という歴史に由来する。北海道の和人の歴史の源流には、ニシンに加えて山仕事があった。檜山からはじめて、北海道林業の流れを追ってみよう。

2018/09/05

小説を旅する

ホテルローヤル(桜木紫乃)

雑誌に投稿するため恋人からヌード写真の撮影に応じる女性、寺を支えるため檀家に体を売る住職の妻、上司の妻と不倫しアダルトグッズの販売員となった男性―釧路のラブホテル・ホテルローヤルを舞台にした男女の「生」と「性」を描いた短編集。

2018/09/05

特集

ヒバの森から、100年後のまちへ

檜山(ひやま)という地域の名は、ヒバと呼ばれるヒノキアスナロが由来とされる。その名のとおり、江差もかつてヒバが生い茂る地で、ヒバの山は地域の貴重な財産だった。時代とともにその多くが失われてしまった今、100年後を見据え、江差の山に木を植え続ける人がいる。

2018/08/29

北の名人図鑑

「冬に夏を待ち遠しく思う感覚も模様にしたい」

目の前に広がる風景や草花、動物たちを取り立ててスケッチすることはない。なのに、さらっとした風や雪の音、陽だまりや野生動物の気配など、岡理恵子さんが生み出す模様には、どことなく北海道の色や空気を感じる。モチーフとなる瞬間、発想の転がし方、作品ができるまでの過程を探った。

2018/08/29

特集

「魂の唄」に魅せられて

初めて江差追分を「生」で聴いたとき、からだがゾクッと震えた。空気を伝って届く声の質感に圧倒されたからだ。言葉とは違う回路を通って、心の中心へまっすぐに入ってくる、哀調を帯びた独特の唄。江差追分はなぜ、こうも人を魅了するのか。追分を極める師匠に教えを請うた。

2018/08/22

三井不動産のまちづくり

「三井不動産グループ秋まつり」

徐々に秋の訪れを感じる札幌で、今年もまたスポーツと食のイベントがアカプラ(札幌市北3条広場)で開催されます。レバンガ北海道の選手によるトークショーなどのほか、キッチンカーや道内市町村の物産展もあり、美味しい食も満喫できる2日間です。

2018/08/22

特集

ふるさとの味をつなぐ人びと

江差のまちで、郷土料理を作る人たちに会った。皆さんの笑顔と一緒にいただく伝統の味は、私たちをすっぽり優しく包みこむ。かつて、食物が少なくなる冬を越すため野菜や魚貝を保存し、おいしく食べる生活の知恵。そのたくましく豊かな知恵は、今も私たちを惹きつける。

2018/08/15

特集

まちが語りだす、江差の現在(いま)・昔

江差の観光地といえば「いにしえ街道」を思い浮かべる人は多いだろう。しかし、ただ通りを歩くだけでは、江差の本当の魅力はなかなかわからない。そこに住む人々は、江差のまちをどんなふうに語り、魅力を伝えようとしているのだろう。

2018/08/08

特集

江差人はなぜ、これほど血が騒ぐのか

江差人にとって、正月や盆休みより待ち遠しい日がある。375年の歴史を誇る「姥神大神宮渡御祭」が行われる8月9~11日。この3日間、人口8000人の町におよそ5万人が集まり、神輿を担ぎ、13台の山車を引き、町中を練り歩く。3人の江差人の渡御祭ものがたりに耳を傾けた。

2018/08/01

オフィシャルパートナー

アーカイブ

ENGLISH