歩いてみたら、出会えた、見つけた。

おいしい話

北海道唯一の生産地「室蘭うずら園」

1月の平均気温が南にある函館よりも高く、
夏と冬の寒暖差も少ない室蘭は、ウズラの飼育に向いている。
北海道で唯一、うずら卵を生産している「室蘭うずら園」には
おいしさの秘密がたくさんあった。
矢島あづさ-text 黒瀬ミチオ-photo
town_vol34_murorann05_head

室蘭産うずら卵は他地域産より少し大ぶり

他地域のうずら卵と食べ比べてみてほしい

うずらの卵といえば、「あんかけ焼きそば」や「とろろそば」の添え物くらいにしか考えていないとしたら、誠に残念だ。もし、あなたが北海道在住で「卵かけごはん」が好物なら、一度、うずらの生卵で試してみてほしい。熱々のご飯の上に、卵3~5個くらいを割り入れ、お好みで醤油をたらし、軽く混ぜるだけ。ほんのり甘い黄身のまろやかさ、鶏卵とはまったく違うおいしさに必ず驚くはずだ。

「室蘭うずら園」は北海道で唯一、うずらの卵を生産し、加工・販売を行っている。つまり、生卵の場合、道内で販売されている100%が、この会社の製品なのだ。手頃な価格で他地域産の水煮のパック入りや缶詰がスーパーに並ぶことはあるが、おいしさ、安全性、大きさを比べてみれば、室蘭産が勝っていると思うのは、地元愛が強いだけではない。

卵かけごはん用うずら卵10個入り190円

卵かけごはん用うずら卵10個入り190円

水煮にしても、白身の軟らかさ、黄身のねっとりとした濃厚さは、雲泥の差だ。そのおいしさの秘密は、エサと飼育方法にある。農場担当の課長、宍戸豊さんは「穀類のエサの中に乳酸菌や納豆菌を混ぜることで、腸内細菌のバランスがよくなり、臭みのない卵になる。しかも、うちは全国でも少ない無投薬飼育。自分のところで孵化させ、飼育し、卵を産ませ、製品加工しているので菌が入り込まない。おいしい上に、安全・安心なのが強みです」と言う。

「飼育だけでなく、忙しいときはプリンも作りますよ」と、宍戸課長

「飼育だけでなく、忙しいときはプリンも作りますよ」と、宍戸課長

栄養たっぷりの卵から生まれた「うずらのプリン」

「室蘭うずら園」の名を全国に広めたのは、新鮮なうずら卵を使った「室蘭うずらのプリン」の存在が大きい。商品開発のきっかけは、食肉用の研究をするうちに、うずら卵の独特の臭みやクセが消えたこと。「これなら、プリンやカステラなど、スイーツができる」と、水煮加工以外の道が一気に開けた。

卵自体のおいしさはもちろん、毎朝、隣の牧場から届くしぼりたての無調整牛乳も一役かっている。さらに、伊達産ビートから作られた純度の高いグラニュー糖、生クリームやクローバーのはちみつなども道産を厳選。プリンが二層になっており、上の部分は生乳のクリーミーなまろやかさ、下の部分は卵の濃厚さとふわふわとろんとした食感が楽しめる。

スイーツなのに栄養満点の「室蘭うずらのプリン」90g430円

スイーツなのに栄養満点の「室蘭うずらのプリン」90g430円

うずら卵は鶏卵よりビタミンB12、鉄分、亜鉛、レチノール、葉酸を多く含み、脳の働きを活性化したり、貧血や風邪予防、皮膚や爪、髪の毛を健康に維持する栄養素が高いといわれている。食欲がないときでも、これなら栄養補給できそうだ。

壮瞥産のかぼちゃ、真狩産のゆりね、真狩産の男爵いも、それぞれをプリンに練りこんだ3種も試食してみた。「普通は、かぼちゃ味が前面に出るけれど、うずら卵の後ろに奥ゆかしくいる感じ」「ゆりねの上品な味わいと、ひと片入っているのがポイント」「俺はジャガイモだ! と、かなり主張してますね」が、正直な感想だ。

うずらのプリン3種(かぼちゃ、ゆりね、男爵いも)各90g430円

うずらのプリン3種(かぼちゃ、ゆりね、男爵いも)各90g430円

食べ出したら止まらない「ヤヤン昆布だし味付うずら卵」

最近、話題になっているのが、室蘭の絵鞆半島や地球岬沿岸でしか採れないヤヤン昆布のだしで煮込んだ「味付うずら卵」だ。従来の味付は「かつお風味」だったが、京都のデパートで行われた物産展に出店したところ「関西人は昆布だし」の声が多かった。羅臼、利尻、日高、真昆布に比べて知名度は低いが、室蘭にしかないヤヤン昆布で勝負することにした。

ヤヤンとは、アイヌ語で“普通の”を意味する言葉。室蘭の波は荒く、岸壁に打ちつけられ傷つくため不揃いで形も悪いので、だし昆布としては使い物にならず、とろろ昆布などに加工されていた。数年前、室蘭でホッキ貝の駅弁を生産している「母恋めし本舗」がこの昆布に注目し、大学の研究者が成分を調べたところ、他の昆布に比べてフコダインやアルギン酸などの栄養素が豊富に含まれていることが分かった。ヤヤン昆布でだしを取り、うまみ調味料や保存料を一切使用しないタレで煮込んだ卵は、「いくつ食べても飽きない、上品な味わい」と評判になっている。うずら卵好きである私のイチオシである。

味付うずら卵ヤヤン昆布だし150g540円、300g950円。この他、燻製うずら卵、うずら卵の「かすていら」や「たまごけーき」、胆振産の果実を使ったアイスクリームなど、直売所で販売

味付うずら卵ヤヤン昆布だし150g540円、300g950円。この他、燻製うずら卵、うずら卵の「かすていら」や「たまごけーき」、胆振産の果実を使ったアイスクリームなど、直売所で販売


工場敷地内にある直売所

工場敷地内にある直売所

株式会社 室蘭うずら園 
北海道室蘭市石川町282-5
営業時間/9:00~17:00
直売所営業時間/10:00~16:00
定休日/年中無休
TEL:0143-55-6677 FAX:0143-55-7306
WEBサイト

この記事をシェアする
感想をメールする
ENGLISH