露口啓二『自然史』発売

カイカメラマンの露口啓二が、『自然史』という写真集を出しました。
北海道の漁川、沙流川、夕張や三笠などの炭鉱のあった地域、四国の吉野川中流域、東日本大震災の被災地となった太平洋沿岸のまちと福島がその被写体となっています。なぜ「自然史」なのかについては、ここで紹介するよりも冒頭の写真家自身の言葉をお読みください。多くの方の手にわたり、被写体となったその地のことを共に感じられればと思います。
170308_shizen

 いまこうしているうちにも地方では、自然が人為の管理を外れて、旺盛な自己表現を繰り広げている。露口はそれを中性的に見つめ、捉えようとする。おそらくこれらの写真は、われわれにこう問いかけてくる。自然の横溢は救いか、絶望か。
「自然の表現」—倉石信乃(写真批評)より抜粋

 写真に写っているものから、写っていないものを想像すること。並列されている写真から、微かな痕跡や兆候を読み取り、これらの地域で起こったこと、起こりうることに思いをはせること。これらの地域以外の、空間的・時間的に隔たったさまざまな場所 − 忘れ去られたような場所や歴史的に特異な出来事が起こった − の今、過去そして未来を想像すること。そしてそこから人間という存在にあらためて向かうこと。
「自然史 − 流動と境界のはざまで」四方幸子(キュレーター /多摩美術大学・東京造形大学客員教授)より抜粋

露口啓二『自然史』赤々舎、2017年(ISBN978-4-86541-060-0 C0072)
定価:本体5.000円+税
※4月上旬から、全国書店、アマゾンでお買い求めいただけます。なお、フレメン写真製作所にも在庫がございますので、下記からご連絡ください。
(有)フレメン写真製作所
〒060-0033 札幌市中央区北3条東5丁目5-93岩佐ビル1F
TEL:011-281-5805 FAX:011-281-5806
E-mail:keiji@fremen.biz

この記事をシェアする
感想をメールする