好きになると、知りたくなる。
知ると、もっと好きになる。
映画と北海道をつなぐコラム「映画と握手」。
観た方歓迎、観てない方大歓迎!
新目七恵-text & Illustration
第3回

「南極料理人」

南極観測隊員の日常を描くコメディー映画『南極料理人』は、冬の網走湖や能取岬がロケ地となった。だけでなく、実体験を綴った原作者の西村淳さんが、留萌生まれの名寄育ちなのも、北海道に住む映画ファンとしては嬉しいところ。原作エッセイ(新潮社「面白南極料理人」など)からあふれ出る笑い(毒舌?)のセンスが、沖田修一監督独特のユーモアに置き換わり、淡々とした物語の中に、笑い・涙・驚き・狂気が詰まったエンターテインメント作品に仕上がっている。

主演の堺雅人ら出演陣のクセある演技は見応え十分。とはいえ、この映画の真の主役は、何といっても“料理”だろう。

たとえば、熱々の豚汁と一緒に頬張るおにぎり。
競うように取り合う中華料理の数々。
そして、インパクトが凄い「伊勢エビフライ」!

この「伊勢エビフライ」をどうしても食べたくて、レシピ本(文化出版局『ごはんにしよう。映画「南極料理人」のレシピ』)を参考に作ってみた。

大変だったのは、伊勢えびの入手である。近所の魚屋では手に入らず、本場・三重県南伊勢の魚問屋にネット注文。小ぶりの2尾が届いたのは、それから数週間後のことだ。
硬い殻に悪戦苦闘しながら下準備し、こんがり揚げたら完成。ガブッ…身が分厚い! エビ味噌を使ったタルタルソースも濃厚美味。こんな贅沢なフライ、もうお目にかかれないだろうなぁ…と思いつつ、“映画の味”をむしゃむしゃ味わったのだった。

さて、原作を読み返して、気づいたことがある。実は、原作者の西村さんが、南極では決して作らなかったメニューがあった。
それは、ざんぎ。北海道のソウルフードだ。
理由は「帰った後、愛妻料理で味わいたいから」(素敵!)。ところが映画には、から揚げが登場する。ある事情でふてくされた堺演じる「西村隊員」のため、仲間が作るのだ。

沖田監督は「西村隊員」を「料理で語る男にしよう」と思ったという。とすれば、劇中に登場した数々の料理、そして、あのから揚げに込められた“言葉”とは…。それを想うと、何とも心がじんわりする。


原作者の西村淳さんは、“食”に関する多彩な活動を展開中。その詳細は会社「オーロラキッチン」の公式サイトで確認できる。また、水&金曜日には、会社内のキッチンで特製ランチを提供(12:00~14:00)。本場・南極料理人の味が気になる方はぜひ。行く前にお問い合わせを。

●オーロラキッチン(札幌市中央区南10条西14丁目1-25GMSビル1階、TEL:011-211-1507)
WEBサイト

「南極料理人」2009年/沖田修一監督/出演・堺雅人ほか/125分

新目七恵(あらため・ななえ)
札幌在住のライター。三度の飯より映画好き。が高じて、NPO法人「北の映像ミュージアム」のスタッフとしても活動。観るジャンルは雑食だが、最近はインド映画と清水宏作品がお気に入り。

ZINE「映画と握手」
ライター・新目が、お薦めの北海道ロケ作品や偏愛する映画をオリジナルのイラストと文で紹介するA5サイズの冊子(800円)。第1号は「海炭市叙景」「馬喰一代」「南極料理人」をピックアップ。A3四つ折りサイズのミニZINE(モノクロ版)は、函館の市民映画館「シネマアイリス」、札幌の喫茶店「キノカフェ」で随時無料配布中。

※郵送(※送料別途必要)をご希望の方は新目(nanae7ishiguro●yahoo.co.jp)まで。
※メールを送る場合は●を@に置き換えてください。

この記事をシェアする
感想をメールする
ENGLISH