好きになると、知りたくなる。
知ると、もっと好きになる。
映画と北海道をつなぐコラム「映画と握手」。
観た方歓迎、観てない方大歓迎!
新目七恵-text & Illustration
第4回

「白痴」

黒澤明といえば『七人の侍』や『椿三十郎』が有名だが、『白痴』はその前。『羅生門』が伊・ベネチア国際映画祭グランプリを獲得し、世界に注目される直前に撮られた作品だ。原作はロシアの文豪・ドストエフスキーの同名小説で、ロシアの都市サンクト・ペテルブルグだった舞台を、なんと、北海道の札幌に置き換えて映画化した意欲作である。

主人公は、「てんかん性痴呆(白痴)」の亀田(森雅之)。純粋で無垢な魂を持つ彼が、強欲な男・赤間(三船敏郎)、美女・那須妙子(原節子)、令嬢・大野綾子(久我美子)と出会い、濃厚な愛憎ドラマを繰り広げる…という物語。
と聞き、「オ、重たそう」と感じる方もおられるだろう。確かにその通り。
しかも本作は、4時間25分だった内容を、制作会社・松竹の意向で2時間46分に縮める羽目になり、さらに難解に。結果、映画史に埋もれてしまった“失敗作”といわれている。

けれど、時代が変われば、映画の見方も変わる。

三代目駅舎に鉄道管理局、消防本部の望楼…。今や失われた札幌の瀟洒な街並みを眺めるだけでも、一見の価値大あり! 特に、イラストのシーンは、中島公園の名物行事だった「氷上カーニバル」が登場。こんな不思議な祭りが札幌にあったんだ!という驚きと、クライマックスシーンとしての異様な熱気に圧倒されること間違いなしだ。

そして最近、原作本(望月哲男訳、河出文庫)を読んで驚いた。登場人物のキャラクターや重要な場面のエッセンスが、映画の中にしっかり落とし込まれているではないか! フランス版『白痴』(1946年、ジョルジュ・ランパン監督)と見比べると、その差は明らか。断然、黒澤版の方が面白く、「重たい」なんて敬遠していた自分を反省したのであった。

私にとってこの黒澤版『白痴』は、公開から70年近く経ったいま、ようやく輝き出した映画の“原石”だ。もっと磨けば、眩い光を放つに違いない。とすれば、完全版フィルムの消失が悔やまれる。どうか、どうかどこかに現存していますように!


令嬢・大野の家として出てきた洋風住宅。これは、札幌ゆかりの作家・有島武郎が、東北帝国大学農科大学(のちの北大)教授時代の1913年に新築した自邸である。亀田役の森雅之は、この家で暮らしたこともある有島の長男。とはいえ、幼い頃の父の死に強い衝撃を受けており、ロケは複雑な心境だっただろう。当初、北12西3にあった有島邸は、1960年からは北大が所有し、移築された東区北23東8で「有島寮」として活用された(私が担当したカイの特集記事「大学村の森」の一角にあったそう)。有島が特注したというモダンな屋根や窓は、移築復元された札幌芸術の森で今も見ることができる。

●札幌芸術の森・有島武郎旧邸(札幌市南区芸術の森2丁目75番地、TEL:011-592-5111)WEBサイト

「白痴」1951年/黒澤明監督/出演・原節子、森雅之、三船敏郎、久我美子/166分

新目七恵(あらため・ななえ)
札幌在住のライター。三度の飯より映画好き。が高じて、NPO法人「北の映像ミュージアム」のスタッフとしても活動。観るジャンルは雑食だが、最近はインド映画と清水宏作品がお気に入り。

ZINE「映画と握手」
ライター・新目が、お薦めの北海道ロケ作品や偏愛する映画をオリジナルのイラストと文で紹介するA5サイズの冊子(800円)。第1号は「海炭市叙景」「馬喰一代」「南極料理人」をピックアップ。A3四つ折りサイズのミニZINE(モノクロ版)は、函館の市民映画館「シネマアイリス」、札幌の喫茶店「キノカフェ」で随時無料配布中。

※郵送(※送料別途必要)をご希望の方は新目(nanae7ishiguro●yahoo.co.jp)まで。
※メールを送る場合は●を@に置き換えてください。

この記事をシェアする
感想をメールする
ENGLISH