プロローグ

「記憶のバトン」をつなげるために

人が生きるために産業は不可欠です。だから、その遺産はあらゆる場に存在しています。まちの営みを支えた産業には、ここに生きた人々の記憶と、今を生きる人々にとっての新しい発見があるはず。産業遺産は、次代を担う子どもたちに記憶のバトンをつなげる旅の手掛かりです。

2019/10/30

いま、なぜ、産業遺産なのか

私たちの生活は様々な技術や労働、暮らしの積み重ねの上にある。産業遺産はそうした現在の社会の輪郭を伝え、未来を考える機会を与えてくれる。それは地域アイデンティティを確認していく営みでもある。一方で、産業遺産を伝え、学ぶ視点は多面的で、難しさと面白さを有している。

2019/10/30

若手研究者オススメの北海道産業遺産5選

本特集の入口にあたる稿を寄せていただいた産業遺産の若手研究者・平井健文氏に、いま行くべき・見るべき北海道の産業遺産を、その理由や背景を含めて5つ選んでもらいました。中には「いま行かねば間に合わないかもしれない」ものもあります。ぜひ、現場へ!

2019/10/30

炭鉱遺産に観る、近代北海道の姿

2019年5月、文化庁が認定する日本遺産となった「炭鉄港(たんてつこう)」は、全国のリストのなかで少々異彩を放っている。何百年も積み重なった歴史や偉人の功績といったものではなく、一瞬の繁栄を極めて衰退した炭鉱遺産が中心となっているからだ。

2019/11/06

私が炭鉱遺産を撮り続けるワケ~移住を決意させた被写体としての魅力

愛知県出身の東京育ちで炭鉱や石炭とは縁の無い生活を送っていた私が、旅の最中に出会った北海道の炭鉱遺産によって人生を大きく変えることとなった。廃墟的な寂しさではなく、人の手を離れた産業構造物が自然に還る、融合していく姿の美しさを表現したいと思うようになったのだ。

2019/11/13

元炭鉱マンが語る旧住友赤平炭鉱の記憶

炭鉱跡をいくら見つめても、そこから石炭が運び出される風景を再び見ることは叶わない。けれど想像はできる。手掛かりは、記録や写真、道具や建物だ。さらに、語り部となる「人」がいれば、知見はもっと深まるだろう。赤平で炭鉱遺産ガイドを務める元炭鉱マンに会いに行った。

2019/11/20

島の産業遺産の価値と活用と~利尻島の漁業遺産

...

2019/12/11

札幌の基盤となった大友堀を照らして

札幌のまちを東西に分ける創成川。そのもとになった「大友堀」が完成したのは、明治が幕を開ける2年前のこと。長さ4kmにわたる用水路を4カ月で掘りあげ、橋や道路をつくり、畑をひらき、まちの礎を築いた大友亀太郎の足跡を訪ねた。

2019/11/27

根釧台地を拓いて進んだ簡易軌道

...

2019/12/25

サイドストーリー

サイドストーリー1

...

2019/12/04

サイドストーリー2

...

2019/12/18

サイドストーリー3

...

2020/01/08

サイドストーリー4

...

2020/01/22

ENGLISH