第2回

今年も、ミツバチが屋上にやってきた

sappachi002_01

越冬していたミツバチが帰ってきました。5月上旬。場所は、札幌都心のビルの屋上、地上30mの蜂場(ほうじょう)。今年7年目を迎えるさっぱち(サッポロ・ミツバチ・プロジェクト)のメンバーが、毎年心待ちにする瞬間です。
今年は巣箱3群からのスタート。密閉していた巣の入り口を開けて、元気なミツバチたちが、少しずつ大通の空にとびたちます。花を見つけて、またこの同じ巣にもどってくるのです。隣りの巣でもなく、きちんと同じ巣に。

sappachi002_02

今回は、NPOのメンバーに加え、いち早くミツバチを見ようと様々な人が集まりました。昨年から新たにメンバーとして加わった作業所のみなさん、プロのガーデナーや、ミツバチが大好きという高校生など。

sappachi002_04

さっぱちの創立当初から養蜂の指導をされてきた城島常雄さんが今年初めに他界され、「しっかりひとり立ちしていくためのチャレンジの年なんです」と、ミツバチのお世話をする本田真琴さん。

この日は、冬の間不在だった屋上をみんなできれいにお掃除。緑化のプランターも手入れしていると、ブルーベリーの苗が到着!あちこちで、それぞれの「わくわく」がはじけ出している、そんな屋上の風景でした。

sappachi002_04

sappachi002_05

ミツバチを見たい、ミツバチのことをもっと知りたいという方は、個人会員になれば見学することが可能とのこと。まずは、さっぱちのサイトまでご一報を。

サッポロ・ミツバチ・プロジェクト
http://sappachi.com/

●このページにご協賛いただいているハートランド円山様からのお知らせです。
_ads3793s

木を育てる。家を育てる。
ハートランドホーム

木材専門会社が建てる「森林認証の家」。

植林、枝打ち、間伐など、持続可能的で適切に管理された森林はいつまでも成長を続けます。住宅も適切に維持管理しなければ、価値や機能が失われてしまいます。ハートランドホームは、上質な住宅のご提供はもちろん住宅を大切に永年維持管理し、末永く豊かな住生活をお支えすることをお約束いたします。木を育てるように家を育てる。ハートランドホームの家づくりの基本です。
ハートランドホームプロデュース/株式会社ハガ木材 〒064-0820 札幌市中央区大通西25丁目1番2号 ハートランド円山ビル7F
ハートランドホームショールーム/札幌市中央区大通西25丁目1番2号ハートランド円山ビル6F 0120-810-717
この記事をシェアする
感想をメールする