好きになると、知りたくなる。
知ると、もっと好きになる。
映画と北海道をつなぐコラム「映画と握手」。
観た方歓迎、観てない方大歓迎!
新目七恵-text & Illustration
第6回

「(日本語) 居酒屋兆治」

Sorry, this entry is only available in Japanese.


映画は函館のほか、札幌・すすきのでも撮影された。キャバレー勤めのさよ(大原麗子)が千鳥足で帰るシーンは、秋水ビル西側の裏路地が現場に。当時のパンフレットには「見物人は昼の撮影の三倍にもふくれあがった。そのなかで、同時録音の撮影とあってスタッフの緊張感はいっそう高まる。」とロケの様子が記されている。この通りは今も健在で、しかも(酒飲みには)嬉しいことに赤提灯の店がある! ここは焼鳥屋「鳥てん」。映画公開後にオープンし、今年19年目を迎えるそうだが、カウンターがメインの小さな店内は映画のような居心地の良さがある。夏の夜、炭火でじっくり焼いた串を頬張りながら一杯…うん、思い出しただけでちょっと幸せな気分になる。

●やきとり 鳥てん(札幌市中央区南6条西3丁目 むつみ会館1F、TEL:011-518-4739)

「居酒屋兆治」1983年/降旗康男監督/出演・高倉健、加藤登紀子、大原麗子、田中邦衛/126分

新目七恵(あらため・ななえ)
札幌在住のライター。三度の飯より映画好き。が高じて、NPO法人「北の映像ミュージアム」のスタッフとしても活動。観るジャンルは雑食だが、最近はインド映画と清水宏作品がお気に入り。 第3月曜発行の「AFCプレミアムプレス」にて映画コラムを連載中(※サイトにて映画の思い出を募集中!)

ZINE「映画と握手」
ライター・新目が、お薦めの北海道ロケ作品や偏愛する映画をオリジナルのイラストと文で紹介するA5サイズの冊子(800円)。第1号は「海炭市叙景」「馬喰一代」「南極料理人」をピックアップ。A3四つ折りサイズのミニZINE(モノクロ版)は、函館の市民映画館「シネマアイリス」、札幌の喫茶店「キノカフェ」、音更のカフェ「THE N3 CAFE」で随時無料配布中。

※郵送(※送料別途必要)をご希望の方は新目(nanae7ishiguro●yahoo.co.jp)まで。
※メールを送る場合は●を@に置き換えてください。

Share this article
JAPANESE