プロローグ

日本の朝とつながる根室海峡

日本の最東北の根室海峡は、はるか昔から世界への玄関口でした。豊かな自然資源を求めて多くの人々が海を渡り、島々を伝ってやってきたのです。中でも鮭は人々を魅了してきました。この地は鮭に笑い、鮭に泣いた人々の歴史と文化、そして誇りがあふれた「鮭の聖地」です。

2019/07/24

野付半島の先にあった、世界への入り口

国後島を眼前にした根室海峡沿岸の地域は、夏でも冷涼な風が吹いている。しかし歴史的に見れば、大変熱く激しい場所だった。重要な舞台のひとつが野付半島だ。この海峡に突き出た砂の半島から、時代をさかのぼってみよう。

2019/07/24

鮭でつながり合う北方古代文化の人々

秋に遡上する鮭を求めて、人々は1万年前から標津の地へ集まり、ひとつの文化圏を築いた。トビニタイ文化という地域性豊かな北方古代文化が花開いた背景にも、鮭を媒介にした人々の動きが関わっている。それを教えてくれるのが、無数に残された竪穴住居跡だ。

2019/07/31

メナシの地で、会津藩士が灯した産業の光

標津の由来はアイヌ語で「シベツ 鮭のたくさんいるところ(あるいは、大きな川)」を意味するとされている。幕末に標津を領地とした会津藩は、川をのぼる大量の鮭を資源とし、地域の開発に取り組んだ。屏風絵に描かれた鮭と人々の風景は、現在の「鮭のまち」の原点である。

2019/08/07

海に、大地に、人々の挑戦は続く

日本が世界に肩を並べようと邁進した明治時代、根室海峡沿岸は「日本の東門」として発展と安定が求められた。しかし、天然の鮭に頼った漁業は次第に資源が枯渇。沿岸部では、漁師が副業に畜産を行う半農半漁の暮らしがみられ、内陸部では新しい農業が幕を開ける。

2019/08/21

日本の食卓とつながる根室海峡と今に息づく鮭の文化

...

2019/08/28

「鮭の聖地」を学ぶスポット

...

2019/09/04

サイドストーリー

サイドストーリー1

...

2019/09/04

サイドストーリー2

...

2019/09/18

サイドストーリー3

...

2019/10/02

サイドストーリー4

...

2019/10/16

ENGLISH