プロローグ

屯田兵の父と北海道開拓の礎

「北海道」の名付け親として松浦武四郎は広く知られていますが、もう一人、北海道開拓の基盤を作った武四郎がいました。「屯田兵の父」と呼ばれる永山武四郎です。永山武四郎がいなければ、この大地の姿かたちは今と大きく違ったものになっていたかもしれません。

2018/04/25

永山武四郎とは

「北海道」に生きた永山武四郎の生涯

1837年、鹿児島に生まれ、34歳で初めて北海道に渡り、第2代北海道庁長官にも着任した永山武四郎。「屯田兵育ての父」と呼ばれた彼が明治の北海道でどんな一生を送ったのか。その67年の生涯を、かけあしでたどってみたい。

2018/04/25

薩摩と北海道、そして屯田兵

明治初め、北海道の開拓に深くかかわったのは薩摩閥だった。永山武四郎もまた薩摩の人だった。屯田兵の大隊を率いて薩摩の士族と戦い、敬愛する西郷隆盛を失った武四郎は、その二十数年後、東京で亡くなる。彼の遺体は郷里への南下ではなく、守り抜くと決めた地へと北上した。

2018/05/09

永山武四郎と旭川

永山武四郎と、“旭川人”気質

近代都市・旭川誕生のきっかけをつくった、岩村通俊と永山武四郎。とくに永山は、旭川のまちの精神性と深く関わる役割を果たしていく。近現代史がご専門の、旭川市博物館 岡本達哉学芸員にお話を伺いながら、旭川のまちと、そこに生きる“旭川人”の気質について考えてみた。

2018/05/23

「永山」の地名に宿る、人々の誇り~武四郎の足跡をたどって旭川を歩く

旭川に永山武四郎の名が刻まれた地名がある。上川地方で最初に拓かれた永山地区。武四郎ゆかりの史料や逸話は今も残っているのだろうか。いまは旭川市に合併されている旧永山村を歩いてみた。

2018/06/06

旧永山武四郎邸

「永山武四郎邸」から始まるまちと歴史的建造物の関係

...

2018/06/20

「永山武四郎邸」で遊ぶ、学ぶ、参加する

...

2018/07/04

サイドストーリー

札幌市屯田の物語-1

...

2018/06/13

札幌市屯田の物語-2

...

2018/06/20

札幌市屯田の物語-3

...

2018/06/27

札幌市屯田の物語-4

...

2018/07/04

ENGLISH