プロローグ

「地」を「知」につなげる

特集・後志の「知」と「地」が始まります。ニシン漁で栄えた日本海沿岸、羊蹄山麓の農業地帯、そして小樽。後志では地の記憶をまちの知につなげる活動も始まっています。木田金次郎をモデルにした有島武郎の『生れ出づる悩み』が出版されて百年。文学や絵画もまた、地があっての知です。

2018/10/31

緑の丘から、新しい景色が見える

「グロー○ル」をキーワードにした戦略で注目を集める小樽商科大学。○に入るカタカナ1文字とは? まさに、後志の「知」と「地」をつなげる研究に取り組む高野宏康さんに話を聞いた。

2018/10/31

地方史研究家が見た、感じた寿都の面白さとは

一人の気象庁職員が寿都測候所へ赴任し、このまちで暮らし始めた。野に山菜やキノコを求め、海や川で竿を振り、山を登り、スキーで降る生活を純粋に満喫していた。それが測候所の閉鎖を転機に、仕事以外の時間の9割を地方史の調査と執筆にあてる日々となった。それはナゼ?

2018/11/07

時間を超えて鰊場のにぎわいが流れる場所

積丹町は後志北部にドカンと突き出す積丹半島にある漁業のまち。札幌方面から海沿いに進んでいくと、最初に着くのが美国(びくに)地区だ。明治期から道内有数の鰊場として栄え、今も古い番屋や石蔵が残る。歴史を刻むこの場所に、新しい水がサラサラと流れ始めている。

2018/11/21

地を知る、創る、伝える。未来への種をまく

積丹半島の西側に位置する神恵内(かもえない)村は、アイヌ語の「カムイ・ナイ」からつけられた地名。地形が険しく人が近づきがたい「美しい神秘の沢」という意味がある。人口867人、北海道で2番目に人口の少ない村から、地域の魅力を発信し続ける人たちがいる。

2018/11/28

寿都町で始まった旧家の調査と活用

...

2018/12/12

真狩村で西洋野菜を作る~5代目農家の挑戦

...

2018/12/26

サイドストーリー

出版百年。『生まれ出づる悩み』と後志と。-1

...

2018/12/05

出版百年。『生まれ出づる悩み』と後志と。-2

...

2018/12/19

出版百年。『生まれ出づる悩み』と後志と。-3

...

2019/01/09

出版百年。『生まれ出づる悩み』と後志と。-4

...

2019/01/23

ENGLISH