プロローグ

まちのタテ糸とヨコ糸の先にあるものとは

まちづくり。普段、何げなく使う言葉の一つでありながら、その意味やイメージをきちんと人に伝えることは難しい言葉でもあります。誰かが動くことで何が変わり、どのような新しい価値やネットワークがまちや人々の間に生まれ、どう展開が広がっていくのでしょうか。

2021/08/11

自由に楽しく「好き!」を発信する、えべつセカンドプロジェクト

まちのPR映像を作ったり、バーチャルな町を提案したり。コロナを機にネットラジオを始めるなど、多彩な方法で江別の魅力をアピールし、市内外から注目を集める「えべつセカンドプロジェクト」。“江別大好き!”な市民有志による活動は、自由で愉快なまちの模様を紡ぎ出している。

2021/08/11

循環型の地域社会をつくる、旭川まちなかぶんか小屋

イベントスペース? 地域の交流の場? まちづくりの拠点? ひとことではうまく説明できない空間が、旭川の買物公園にある。その名も「まちなかぶんか小屋」。椅子を50脚並べると満杯の小さな小屋に秘められた大きな力とは?

2021/08/11

学び舎を、まちと人をつなぐ拠点に。浦幌町「TOKOMURO Lab」の試み

一次産業が中心の小さなまちにとって、過疎化は大きな問題だ。そんななかで浦幌町は、教育を基盤としたユニークな事業を次々と立ち上げ、若者の起業や協同企業の設立へとつなげている。その拠点が「TOKOMURO Lab(トコムロ ラボ)」という一風変わった施設だ。

2021/08/18

第3倉庫から考える小樽の未来

2020年10月、北海製罐(株)小樽工場の第3倉庫で解体が検討されていることを知った峰尾光人(みねお・こうと)さんは、知り合いに声をかけて「第3倉庫の次世代活用を考える若者ネットワーク Non-.」の活動をスタートした。ゆるやかにつながるまちづくりとは。

2021/08/25

「まなびまくり社」が広げる、教育×まちづくりの可能性

高校生の思いを地域課題とリンクさせ、まちづくりのアイデアを考える「さっぽろまなびまくり社」。SDGsといったグローバルな視点を取り入れ、札幌市南区の真駒内エリアで始まった試みは、札幌の高校生たちによる2期生の活動が今年も本格化。林匡宏代表に話を聞いた。

2021/09/01

「もっと釧路に笑いを」。クスろがまちの見方を変える

真面目にふざける。それがクスろのモットーだ。まちづくりや市民活動というと、ちょっとおカタく感じてしまうが、クスろには当てはまらない。釧路のまちに山積する課題に、今までにないユニークな目線で向き合う彼らは、一体何者なのだろう?

2021/09/15

まちづくりは誰のため? 北海道一小さい村で活動する若手グループ「nociw*(ノチウ)」

北海道で一番人口の少ない音威子府(おといねっぷ)村。2021年1月1日時点の村の総人口は699人に過ぎない。そんな小さな村でまちづくりに取り組む若手グループが注目を集めている。いったいどのような活動をしているのだろうか。

2021/09/22

ネットとは違うリアルモールの役割とは? 三井アウトレットパーク 札幌北広島が模索した、まちづくりのかたち

国内に13カ所ある「三井アウトレットパーク」。都心部から離れた施設が多いなか、三井アウトレットパーク 札幌北広島は道都・札幌の中心部から車で30分圏内とアクセスが良いのが特徴だ。地域に溶け込み、地元住民でにぎわいをみせる理由を探ってみた。

2021/09/08

サイドストーリー:もうひとつのブームタウン

石狩湾東岸、時間旅行

北海道では、まちの誕生自体が記録に残るケースが少なくない。何もない土地に、あるときを境に突然集落が生まれるからだ。きっかけは、ニシンや石炭などの天然資源。しかし一方で、そんなブームタウンとは成り立ちのちがうものもあった。たとえば江戸時代、幕府が東北諸藩に命じた北方警備が...

2021/09/29

サイドストーリー2

...

2021/10/06

サイドストーリー3

...

2021/10/13

サイドストーリー4

...

2021/10/20

ENGLISH