feature_vol35_prologue1

プロローグ

人と森が育むまち。

天塩川と石狩川。この大河の上流域には、個性豊かな二つのまちがある。下川町と上川町だ。両町には共通点がある。例えば葛西紀明、高梨沙羅選手といったスキージャンプの名選手たち。そして、森と人の豊かな関わり。ふたつのまちの個性から、社会の深みでいま起こっている何かが見えてくる。

2017/04/19

「おもてなし」のまち、上川にて

feature_vol35_kamikawa1_head_96A7695

小さな酒蔵が醸す夢

層雲峡の名前は知っていても、どの町の温泉地か知らない人は多いかもしれない。北海道上川町。日本最大の山岳公園「大雪山国立公園」の玄関口に位置し、ダイナミックな自然に抱かれた小さな町だ。その町から聞こえる熱い声に耳を傾けていくと、壮大な夢が浮かび上がってくる。

2017/05/10

feature_vol35_kamikawa12_head

上川町に移住した杜氏

川端慎治さん。北海道の日本酒党には広く知られた杜氏で、前に在籍していた酒蔵を辞めた時は、復帰を求める署名運動が起こったほどだ。その杜氏が約2年ぶりに酒造りの現場へ帰ってくる。選んだ職場は、上川町に誕生する新しい酒蔵。完成したばかりの「緑丘蔵」へ噂の杜氏を訪ねた。

2017/05/17

feature_vol35_kamikawa21_head

旭ヶ丘を眺めながら

上川町旭ヶ丘。この地の風景を目にすると、また違う季節も足を運びたくなる。どのまちにも、すばらしい宝物はあるはずだが、人の目にふれなかったり、住民が気づいていないこともある。上川町を“おもてなしのまち”へと動かした美しい風景と、「旭ヶ丘プロジェクト」について聞いた。

2017/05/24

feature_vol35_kamikawa22_head

旭ヶ丘に咲いた花

大雪山系を望む標高600mの旭ヶ丘エリアに、約700品種の花を咲かせる「大雪森のガーデン」。春から秋へ、次々と表情を変える広大な庭は、北海道の魅力が凝縮されたような空間にも思える。まちの未来を描き、まちとともに育ってゆく、5年目のガーデンを訪ねた。

2017/05/31

feature_noimage_b

風景をごちそうに

6/14(水)公開予定...

2017/06/14

feature_noimage_b

カミレンジャー、登場

6/21(水)公開予定...

2017/06/21

森のまち、下川にて

駐車場の街灯から離れるにつれ、やわらかな闇と、足元の締まった雪と、木々の世界に引き込まれる

満月の森を歩く

まちの面積の約9割を森林が占める北海道下川町で、森と関わる人たちに会った。苗木を育てる人。伐った木を材にする人。その材で家をつくる人。森を守る仕組みをつくる人。その恵みを大切に使う人。森と関わることは、下川で暮らすことそのものだった。第1回目は、森を案内する人のお話。

2017/04/19

feature_vol35_shimokawa2_head

川が流れるように

北海道下川町は1953年、1221haの国有林の払い下げをきっかけに積極的な植林を開始した。毎年約50ha植林し、60年で伐採する「循環型森林経営」のはじまりである。森で生まれる資源は、川の流れのようにまちのあちこちに広がっていく。その流れをつくり出した一人に会った。

2017/04/26

feature_vol35_shimokawa31__97A5516

「森とイエ」プロジェクト第一号

下川町の名寄本線跡地にトドマツの防風林が残っている。2012年冬、ここに細長い1軒の家が完成した。下川産の木をふんだんに使い、「森とイエ」というプロジェクトから生まれた住宅。どんな人たちが、何を考えながらつくったのだろう。それがこれから、どこにつながっていくのだろう。

2017/05/10

feature_vol35_shimokawa32_head

危機感とワクワク感

下川町ではじまった「森とイエ」プロジェクトは、地元工務店の危機感からスタートした。このままでは地域経済が疲弊してしまう———そうした切実な気持ちに加え、かれらの胸にともった熱い職人魂と新しい出会いへのワクワク感がプロジェクトの大きな力になっている。

2017/05/17

feature_noimage_b

移住者がつなぐもの

下川町を歩き回っていると、いろいろな場面で移住者の活躍が目立つ。トドマツの枝葉からつくる「森の香り」に魅せられた人と、有名な観光地ではないけれど、「日々の暮らしを楽しむ場」に引き寄せられた人、いまや、下川になくてはならない存在となった二人にお話を聞いた。

2017/06/07

feature_noimage_b

一の橋バイオビレッジ(1)

6/21(水)公開予定...

2017/06/21

feature_noimage_b

一の橋バイオビレッジ(2)

6/28(水)公開予定...

2017/06/28

サイドストーリー

feature_vol35_sidestory1_head

塩狩峠~ふたつの大河を分ける物語-1

開拓とともに延びていった北海道内陸の主要交通網のほとんどは、古来アイヌの人々が踏み分けていた道がもとになっている。そのことの意味を考えてみるのに最適な場所が、天塩川と石狩川の分水嶺である塩狩峠だ。

2017/05/03

feature_vol35_sidestory2_head

塩狩峠~ふたつの大河を分ける物語-2

和寒町JR塩狩駅のすぐそばに、旅好きたちに知られた宿がある。開業5年目のこの若いユースホステルから、塩狩峠をめぐる人と鉄路の話がはじまる。

2017/05/17

feature_vol35_sidestory3_head

塩狩峠~ふたつの大河を分ける物語-3

北上をつづけた北海道開拓の最前線が塩狩峠を越えた時代。それは北東アジアに大きな変化が起こっていた時代でもあった。少し大きな構図でこの峠のことを考えてみよう。

2017/05/31

feature_noimage_b

塩狩峠~ふたつの大河を分ける物語-4

6/14(水)公開予定...

2017/06/14

ENGLISH