撮影協力:ももねこ書店(札幌市白石区)

 

プロローグ

旅する本の中継地点

本の森。本が満ちる場。整然と並ぶ本。雑然と積まれた本。そこには不思議な力がある。プラスチックやデジタル空間にはない磁力。情報源としての本の役割は小さくなっているのかもしれない。でも、本が持つ魔力は健在だ。今日も「本が並ぶところ」を創る人々がいる。

2019/01/23

本にできることは、きっともっとある

一冊の本は、生涯にどれだけの旅をするだろう。本は、たくさんの人の人生と深く関わっている。巨大書店の進出の影に、愛されながらも閉店を余儀なくされた名物書店があった。古書と新刊をともに扱う店が北海道にも誕生している。本の送り手たちのことをあらためて考えてみたい。

2019/01/23

本の居場所を増やしたい

カフェやセレクトショップ、ラーメン店に仏壇・仏具店まで! 扱う商品や企画テーマに関する「本」を販売する店が、道内でじわじわ増えている。その仕掛け人である「さっぽろブックコーディネート」代表の尾崎実帆子さんに“本が並ぶところ”の作り方を聞いた。

2019/01/30

本屋とまちなみ

2017年暮れに大通の電車通沿いにあった古いビルから、これまた味わい深いビルに移転して再スタートをきった「アダノンキ」。オーナーの石山府子さんが10年かけて築いてきたスタイルは、札幌にしっかりと根をおろし、いろんな人といろんな本が幸せな時間を過ごしている。

2019/02/13

詩歌が棲むまちに暮らしたい

声は詩歌のビークルだ。あなたがいちばん最近声に出した詩はどんな詩だろう。あなたにとって短歌は異邦人だろうか。「本が並ぶところ」を求めた街歩きで、3つのユニークな店と出会った。

2019/02/20

北海道ブックシェアリングの活動

...

2019/02/27

かの書房の挑戦

...

2019/03/13

恵庭のまちぢゅう図書館

...

2019/03/20

サイドストーリー

守分寿男の仕事(1)

...

2019/02/27

守分寿男の仕事(2)

...

2019/03/06

守分寿男の仕事(3)

...

2019/03/20

守分寿男の仕事(4)

...

2019/04/03

特別関連企画

日系メキシコ人たちの「きおくのなかのくに」

榎本武揚が構想したメキシコ殖民地開拓団から約120年。室蘭出身でメキシコ在住の美術家・はぎのみほさんは、日系移民をテーマに映像と写真の作品を共同制作した。2018年にはフォトブックを出版。移民が祖先から受け継いできた言葉と、彼らの表情が印象的な一冊である。

2019/02/06

ENGLISH